▶▶ 宅建の勉強方法まとめ!

【5選】大学生が宅建を取るメリットを紹介します。【自己PRで使える】

  • URLをコピーしました!

大学生が宅建を取ったらどんなメリットがあるのかなあ?

こんな疑問はありませんか?

資格の勉強はそれなりに時間を使うものなので、メリットがないなら勉強したくないですよね。

この記事では大学生が宅建を取得するメリットを、以下の観点で具体的に紹介します。

  • 就活
  • アルバイト
  • 将来の給与
  • コスパ(お金・時間)
  • 他の資格との比較

宅建取得のメリットを具体的に想定できるようになります。

この記事を書いた人
  • 現役宅建士
  • 知識ゼロから独学一発合格
  • でも勉強は苦手
  • 簿記には何回も落ちた
運営者の
ポテです!
目次

就職活動で有利

宅建の資格は就職活動で有利です。

(不動産業界でも、そうではなくても)

わたしの友人も宅建の資格をアピールし、高年収の会社に内定をもらっていました。

宅建の資格があることで、このような自己PRができます。

  • (一夜漬けでは合格できないので)継続力があります。
  • (合格という目標を達成しているので)目標に向けて努力し、結果を出すことができます。
  • (難解な内容を理解しないといけないので)読解力があります。

これらのエピソードは、「宅建=難関資格」というイメージが浸透しているからこそ説得力があります

簿記などのメジャーな資格は社会人でも持っている人が多いため、「そこまで難しくない」と思っている人も多いです。

一方で、宅建の資格を持っている人は少ないです。

特に、不動産業界以外ではほとんどの人が勉強したことのない資格です。

それにも関わらず「宅建=難関資格」というイメージは浸透しています。

なので「難関資格を持っているすごい学生」というアピールが簡単にできます

余談ですが、宅建は世間のイメージほど難しくはありません。

宅建の難易度を知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

「学生時代に宅建取ってれば人生違ってただろうなあ」と思っています

高時給のアルバイトができる

宅建を持っていると高時給のアルバイトができます。

900円〜1,500円くらいの時給が多いです。

時給が高いので、シフトが少なめでも稼ぐことができます。

余った時間で遊ぶことはもちろん、レポートなどにも余裕を持って取り組むことができます。

会社にもよりますが、宅建バイトは不動産の店舗で

  • 電話対応
  • 来客対応
  • データ入力

などの仕事をします。

営業社員のサポートをする業務がメインです)

パソコンを使ったり社員のサポートをしたりするので、社会人の練習ができます。

この経験は就活でアピールできますし、社会人になったあとも活かせるスキルが身に付きます。

就職した時に給料アップできる

宅建の資格を持っていると、資格手当が出る会社が多いです。

資格手当の相場は月5,000円~30,000円ほどです。

⇒ 年間で60,000円~360,000円も年収がアップします!

未来の自分のために宅建をとっておくことをおすすめします。

ちなみに、資格手当は不動産業界ではなくてももらえる場合が多いです。

以前わたしが勤めていたメーカーでも資格手当がありましたし、周りの友人が勤めているIT系・運輸系などでも資格手当があります。

このような資格手当は、難易度が同じくらいの簿記2級などではもらえないことが多いです。

宅建ならではの特徴と言って良いでしょう。

年を取るほど記憶力は低下していきます…。学生時代に取っておくと未来の自分が喜びます。

勉強時間が少ない

意外かもしれませんが、宅建は200時間強の勉強時間で合格圏内に届きます。

3月から勉強をはじめたら、平日30分・休日2~3時間の勉強時間で合格圏内に到達します。

(試験本番は10月・合計230時間)

大学生はレポートや授業、アルバイトで毎日忙しいと思います。

しかしこれくらいの時間であればスキマ時間を使って勉強できるのではないでしょうか。

また、宅建は他の法律系資格よりも勉強時間が少なくて済みます。

宅建の勉強時間

宅建は時間のコスパが良い資格です。

少ない勉強時間で合格できるのに、メリットが多すぎる資格です。

低コストで勉強できる

宅建は独学で合格できる資格なので、低コストで勉強できます。

市販のテキストで勉強しても良いですし、テキストだけで不安ならばオンライン講座を受講しても良いでしょう。

どちらも価格はほぼ変わりません。

おすすめのテキストは「らくらく宅建塾シリーズ」です。

これ使って受かりました!

語呂合わせが多く、暗記しやすいです。

オンライン講座は「スタディング」がおすすめです。

価格が圧倒的に安いです。

市販テキストシリーズを揃えた場合とほぼ価格が変わりません。

スタディング 公式サイト」で無料体験ができます。

「スマホを使って勉強」「テキスト冊子を使って勉強」好きな方を選びましょう!

まとめ:大学生のうちに宅建をとろう

宅建は大学生にもメリットがたくさんあります。

  • 就職活動で有利
  • 高時給のアルバイトができる
  • 就職したときに給与アップできる
  • 勉強時間が少ない
  • 低コストで勉強できる

今のうちに勉強して、未来の自分を楽させてあげましょう!

よかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次