▶▶ 宅建の勉強方法まとめ!

【宅建の勉強時間】220時間で独学一発合格した私の時間配分を紹介!

  • URLをコピーしました!

宅建を独学で合格するなら何時間の勉強が必要なの…?

こんな疑問はありませんか?

わたし自身、勉強をはじめる前に調べていましたが、100時間と言っている人もいれば5年ほど勉強している人もいて……

人によってピンキリすぎて、何時間必要なのか全然わからない!!

と、大パニックになっていました。

そんな私の勉強時間は220時間でした。

この記事では220時間のうち、

  • 科目別
  • 教材別(過去問や予想問題集など)
  • 時期別

の時間配分をご紹介します。

これから宅建の勉強をする方はもちろん、勉強途中の方にも時間配分の目安になります。

この記事を書いた人
  • 現役宅建士
  • 知識ゼロから独学一発合格
  • でも勉強は苦手
  • 簿記には何回も落ちた
運営者の
ポテです!
目次

実際に勉強したのは220時間

試験本番までに勉強した時間の合計は220時間でした。

ちなみに私は

  • 不動産の知識なし
  • 法律の知識なし
  • 勉強するのが久しぶり

という壊滅的なスタート地点でした。

で、220時間に対しての感想は、

試験前

もっとやればよかった~!!(焦)

合格後

効率よくやればもっと減らせたなあ!

といった感じになりました。

(二重人格)

どちらにせよ、テキストを読むのに時間をかけすぎました。

テキストの時間をもっと減らせれば

  • 他の教材に時間を充てて自信満々受験
  • 勉強時間を減らして省エネ合格

ができたと思います。

また、100時間で合格する猛者もいるようですが、私には不可能でした。

宅建はほとんど暗記勝負の資格なのですが、私の脳みそでは100時間ではとても足りません…。

逆に、このような方なら私よりも少ない時間で合格できると思います。

  • 不動産業界の知識がある
  • 法律の知識がある
  • 暗記が得意

また、宅建との相性も勉強時間と関係があると思います。

わたしは宅建の勉強内容が面白く感じたので、スイスイ進めることができました!

宅建との相性を確かめるために、オンライン講座「スタディング 宅建士講座」で入門講座をきいてみましょう。

面白く感じたらこっちのもんです!!

1日何時間勉強したら合計220時間になる?

「220時間」と聞いただけでは、どれぐらいの長さなのか想像しにくいですよね。

そこで

  • 勉強スタートの時期別で
  • 一日何時間すれば
  • 220時間に到達するのか

を、表にまとめてみました!

毎日同じくらいの時間を勉強できる方と、平日少なめ・休日多めで頑張りたい方。

2パターンで作っています。

宅建の試験は毎年10月中旬です。

なので、10月中旬までに220時間勉強する計算で作成しています。

  • 会場に収まりきらなかった場合は12月になることもあります。

1日何時間勉強したら、220時間に到達するのかわかります!

難関資格と言われている割には少なく感じませんか?

他の法律系資格と比べても、宅建の勉強時間は各段に少ないです。

宅建の勉強時間

あまり時間をかけずに取れる資格なので、コスパが良いです!

時期別の時間配分:2か月前からピッチを上げた。

わたしは4月から勉強を開始しました。

月別ではこのような時間配分で勉強しました。

スクロールできます
4月5月6月7月8月9月10月
3時間13時間27時間37時間54時間54時間32時間
  • 試験本番は10月中旬です。

2か月前からピッチを上げています。

宅建は暗記が勝負なので、試験に近い時期に詰め込みました!

と言いたいところですが、たまたまです。

試験が近付いてくると、焦って勉強量が増えました。

科目別の時間配分:民法が多め。

宅建は

  1. 民法
  2. 宅建業法
  3. 法令上の制限・他

の3種類に分けることができます。

この中で一番勉強時間が長かったのは「民法」です。

教科民法宅建業法法令上の制限 他
勉強時間83時間68時間69時間

民法はやればやるほど沼でした。

範囲が限りなく広いので、完璧に勉強しようと思うと永遠に勉強することになります。

なので、試験に出るところ・出ないところを割り切る必要があります。

私が使っていたテキストは、出題頻度が低い&難しすぎる内容があると「ここは諦めよう!!」という記載がありました。

なので、無駄な時間なく勉強することができました。

他のテキストを使っていたら、もっと時間がかかっていたかも……

\独学&一発合格できたテキスト!/

らくらく宅建塾レビュー」の記事で、使用していたテキストの紹介をしています。

勉強時間を短めに済ませたい方におすすめのテキストです。

教材別の時間配分:過去問が多め

使った教材は

  1. テキスト
  2. 過去問
  3. 予想問題集
  4. 模試
  5. YouTube

です。

宅建の勉強時間

一番勉強時間が長かったのは「過去問」です。

半分以上の時間を費やし、過去問の問題集を4周しました。

(本当は5周したかった)

宅建は「過去問を制する者は宅建を制する」と言っても過言ではないです。

なぜなら毎年同じような問題が出るからです。

過去のあらゆる問題パターンを習得していれば怖くありません。

過去問宅建塾レビュー」の記事でも紹介していますが、私が使っていた過去問の教材はとっても分厚かったです。

圧倒されるような分厚い冊子を完璧にできたので、自信をもって試験に望むことができました。

過去問の演習には重いっ切り時間をかけましょう。

YouTube

長時間見ていたわけではありませんが、YouTubeで勉強する時間も少し。

YouTubeでお世話になったのは「ゆーき大学」さんです。

弁護士資格を持っている方なので、とにかく分かりやすい!!

文章を読むだけではわからない箇所はYouTubeで補っていました。

また、気分転換として「棚田行政書士」さんのチャンネルを見ていました。

実際の不動産を用いて説明してくれるので、楽しく勉強することができました。

テキスト

テキストを読むのに25時間もかけてしまいましたが、半分の時間でよかったなあという印象です。

25時間もかかってしまった理由は、最初の段階でテキストを2周も読んだからです。

宅建の勉強の過程で一番後悔していることですが…

テキストは1周でよかった~!!!!!!

というのも、宅建は過去問を解いて理解・暗記していくのが効率的です。

なので、問題を解かずにテキストだけ読んでいても何も身に付きません。

ざっと一周読んでから問題を解き始めるのがおすすめです。

とにかくテキストを読む「だけ」の時間はあまり取らないことをおすすめします。

過去問を解きながら、じっくりテキストを読みましょう!

テキスト「だけ」を読むのにかける時間は少なめでOK!

その他、予想問題集や模試も使って勉強しました。

勉強の流れの話になってしまうので、詳しく読みたい方は「らくらく宅建塾シリーズを使った勉強方法」の記事をお読みください。

時間配分の反省点:スキマ時間を活用すればよかった

結果的に合格できたのでよかったですが、試験前は

220時間…少なすぎたかも…

という気持ちになりました。

試験までに300時間勉強する目標を立てていたからです。

もし人生をやり直すならば…

時間を巻き戻せるならば…

夢でもし逢えたら…

スキマ時間を上手く活用することを誓います!!!

例えば

  • トイレのドアに覚えたい項目を貼る
  • 電車の移動時間に勉強する
  • お風呂に浸かりながら動画を見る

とか!!

オンライン講座の「スタディング 宅建士講座」を使えば、スキマ時間を上手く活用できただろうな〜と思います。

スマホにダウンロードしてプロの講義の動画を見ることができます。

今後他の資格の勉強をする時は、必ずオンライン講座を使います!!

時間計算ツール:アプリを使って計算

ちなみに勉強時間はStudyplusというアプリを使って計算しました。

  • どの教材を
  • 何月に
  • 何時間

勉強したかがわかるので、モチベーションアップに使えます。

Studyplus(スタディプラス) 日々の学習管理に
Studyplus(スタディプラス) 日々の学習管理に
開発元:Studyplus Inc.
無料
posted withアプリーチ

まとめ:宅建は220時間で合格可能!

宅建は220時間で合格可能です。

毎日コツコツ勉強して、合格を勝ち取りましょう!

よかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次